プラセンタの成分は体に害はないのでしょうか?

プラセンタはアンチエイジングだけで無く、医療の現場においても活躍しています。
ラセンタは胎盤からの抽出成分ですから、色々と不安な方もいるかと思います。

 

プラセンタに対する不安、危険性、安全性、副作用について少し書いてみたいと思います。

 

まず、ヒトプラセンタを使っているという事はありません。

馬や豚のプラセンタが一般的で、きちんと精製、加工されていますから、危険性も皆無です。

 

安全性が確立されていないのであれば、医療の場面で用いられるような事はありませんし、
しっかりと認可を受けた成分ですから、安心です。

 

動物の胎盤からの抽出成分ですから、感染症などの危険性を不安に感じる人もいるようですが、
過去に一度もそういった報告はありませんし、安全性が約束されています。

 

 

プラセンタの安易な噂に振り回されないこと

プラセンタに対する不安、危険性、安全性、副作用などについて様々な情報が飛び交っていますが、
うかつに危険性を指示したような情報に振り回されないようにしてください。

 

実際に危険性が高いのであれば、流通にもストップが掛かりますし、
一般に販売されることもありません。

 

単純にプラセンタの人気に嫉妬して、危険性を疑ってみたりするような人も、
一部ではありますが実在しているようですので、注意が必要です。

 

一部プラセンタの摂取を控えたほうがいいケースもあります

妊娠中のプラセンタ

プラセンタには副作用というものもありませんが、
妊娠中の人はプラセンタが胎盤に含有されているので、
摂取するのは控えるようにと言われていますね。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうことがあるようです。

 

プラセンタ自体はホルモンを含まない健康食品ですので
他に飲んでいる薬などに影響を与えることはないのですが、
現在病院で何らかの治療を受けている方や
避妊やPMS軽減のためにピルを飲んでいる方などは
念のため主治医に確認してみてくださいね。

 

ちなみに私は、妊活中に黄体機能不全の改善を期待して
馬プラセンタを飲んでみた周期があったのですが
基礎体温が崩れてしまい、排卵が一週間遅れてしまったことがあります。

 

ほんと、たまたまそういう周期だったからなのか
ホルモンに何らかの影響があったからなのかは不明ですが
ちょっと怖くなっちゃったので飲むのをやめちゃいました><

 

ただ、一部では
「体が妊娠してると勘違いすることがある」
なんていう記事を書いている人がいますが、それはないと思いますよ。

 

不妊治療に羊のプラセンタを使うこともあるくらいですしね。

 

商品の注意書きに「妊娠中は控えてください」と書かれていることがありますが
あれは、妊婦さんでの臨床試験ができずデータがないからという理由なだけだと思います。

 

どちらにせよ、心配な場合はかかりつけの医師に聞いてみるのが一番です。
(大体が「問題ないよ」っていわれますけどね^^;)


この記事を読んだ人はこんな記事にも興味をもっています

美容クリニック、病院で受けるプラセンタ注射のメリットデメリット